第14回中央ユーラシア研究会 

 このたび、イスラーム地域研究プロジェクトによる中央ユーラシア研究会の第14回を下記の通り開催することになりました。ご多忙とは存じますが、ふるってご出席くださいますようご案内申しあげます。

 開催日時:
  2009年2月21日(土),13:00~17:00

 会場:
  東京大学本郷キャンパス法文1号館2階、217教室

 報告者:
  デュセンアイル・アブディラシム(京都大学・院)
   「18世紀前半以降におけるカザフ語文書文献について」
  小沼孝博(学習院大学東洋文化研究所・助教)
   「北京のトルコ系ムスリム居住区「回子営」の250年」

 なお、研究会の終了後、懇親会を予定しております。
 お時間のある方はご参加いただければ幸いです。

*会場は、東大正門から入って安田講堂に向かう銀杏並木を直進し、左側2番目の棟です。銀杏並木沿いの、東大正門に近いほうの扉から入り、正面の階段で2階にお越しください。
URL http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
**これまでの中央ユーラシア研究会各回の参加記が
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/tokyo-ias/centraleurasia/ceurasia/index.htm
に掲載されておりますので、ご参照ください。

 お問い合わせは、中央ユーラシア研究会幹事の小沼 onuma425■hotmail.com までお願いします。(迷惑メール防止のため、@を■で表示しています)

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2009-02-03 23:36 | 研究会動向

<< 「中国社会科学研究会2008年...    「学習院大学東洋文化研究所「東... >>