イスラーム地域研究上智拠点では、1,2,3グループ共催で、以下のとおりワークショップを開催いたします。ぜひご出席くださいますようご案内申しあげます。どなたでも参加できますので、大学院生などにもご紹介いただけると幸いです。
 
 連絡先:川島緑 midori-k@sophia.ac.jp

    *     *     *     *     *

 ワークショップ「戦前期日本とアジアのムスリム」

 日時:2009年7月4日(土)14:30-18:00

 会場:上智大学四谷キャンパス2号館6階630A会議室

 報告  
  1.松本ますみ(敬和学園大学)  
    「佐久間貞次郎の「回光」と上海ムスリム:1920年代中国イスラーム新文化運動の一側面」
  
  2.小林寧子(南山大学)
    「南洋の回教」と日本人ムスリム:日本の対イスラーム工作の展開と帰結」

  討論者
  1.重親知佐子(兵庫大学非常勤講師)

  2.小村明子(上智大学大学院)

(ワークショップの趣旨)
 9.11以降、東南アジアを含め、イスラーム研究が脚光を浴び、研究資金や研究の機会がふえ、研究者層 が拡大しつつある。我々の行なっているイスラーム地域研究やイスラーム研究は、日本人のイスラーム認識、 国際機関のイスラーム地域に対する政策形成、および、イスラーム地域の社会や人々にどのような影響を与えるのだろうか。この研究会では、日本と地理的に近く、歴史的にも関係の深い 中国と東南アジアをとりあげ、戦前期日本のイスラーム認識と政策の一側面を明らかにし、それが現地のイスラーム運動やムスリムに与えた影響を検討し、戦前期日本の イスラーム研究の貢献と問題点を考える。それを通じて、今日の日本におけるイスラーム地域研究やイスラーム研究のあり方を考える。

 上智大学アジア文化研究所イスラーム地域研究拠点
 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
 TEL&FAX: 03-3238-4447  
  ias-iac@sophia.ac.jp
 http://www.info.sophia.ac.jp/SIAS/

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2009-06-08 12:48 | 研究会動向

<< 「新疆社会科学院中国社会科学歴...    「シルクロードのひとびとpar... >>