[NIHU・早大]拠点連携セミナー 日中学術討論会
 中国・ポスト改革開放30年を考える

 改革開放30年に続いて、2009年中国は建国60年を迎えた。とくに30年間の経済急成長で「中国が世界を変える」世界大国に躍り出るとともに、国内に利益衝突にもとづく山積する紛争を抱えるようになった。「中国はどこへ行く」について、現代中国をリードする論客である陸学芸(社会学)、関志雄(中国経済)、兪可平(政治学)の3教授を迎えて、以下のような内容で「日中学術討論会」を開催する。各位のご参加を歓迎したい。


日 時: 2009年10月19日(月) 10時〜18時
場 所: 早稲田大学3号館2階第1会議室 【地図】
言 語: 日中同時通訳
主 催: 人間文化研究機構現代中国地域研究拠点連携プログラム
共 催: 早稲田大学G-COE GLOPE II「制度構築の政治経済学」
後 援: 社団法人アジア調査会


ポスター・招聘者の紹介

プログラム:

全体司会 毛里和子(早稲田大学政治学術院、同現代中国研究所所長)

10:00〜10:10 開会の挨拶
平野健一郎(人間文化研究機構・地域研究推進センター長)

10:20〜12:20 第一セッション 現代中国社会の分析――階層化の現段階をどう評価するか?
陸 学芸(中国社会科学院社会学研究所)
園田茂人(東京大学東洋文化研究所)
討論

12:20〜13:30 昼食

13:30〜15:30 第二セッション 改革開放30年の評価と今後の課題
関志雄(野村資本市場研究所)
中兼和津次(青山学院大学国際政治経済学部)
天児慧(早稲田大学アジア太平洋研究科)
討論

15:50〜17:50 第三セッション グローバリゼイションと「中国モデル」
兪可平(中共中央編訳局)
高原明生(東京大学法学部)
討論

18:00 閉会

※参加をご希望される方はwiccs*china-waseda.jp(*を@に変えご使用ください)までご連絡ください。

 以上
[PR]

by micoffice | 2009-10-15 13:12 | 研究会動向

<< 「中国研究所 2009年度現代...    「中国研究所 アルバイト募集」... >>