国際シンポジウム「江南地域史研究と新史料」

日時:12月19日(土) 9:30~17:45
会場:明治大学駿河台キャンパス リバティータワー1093教室

9:30-9:40 挨拶・趣旨説明(高田幸男・明治大学)

Ⅰ オーラルヒストリーと歴史研究(司会:戸部健・静岡大学)
9:40-10:10 「江南科研の概略・成果・課題(仮)」(高田幸男)
10:10-10:30 高田報告に対するコメント(陳謙平・南京大学)
10:30-10:45 質疑応答

Ⅱ 地域史研究と新史料(司会:戸部健)
11:00-11:20 「新資料的発掘与浙江区域史研究」(梁敬明・浙江大学)
11:20-11:40 「蘇州新史料的発掘与運用」(夏冰・蘇州市政治協商会議)
11:40-12:00 「王清穆『農隠廬日記』の紹介」(小野寺史郎・京都大学、小浜正子・日本大学)
12:00-12:20 質疑応答

Ⅲ 地域史研究の新地平(司会:中村元哉・南山大学)
13:30-14:00 「民初地方教育行政再編と教育独立論(仮)」(小川唯・明海大学)
14:00-14:30 「評国民政府的“官辦”県政様板:“蘭渓実験県”」(方新徳・浙江大学)
14:30-15:00 コメント(金子肇・下関市立大学、夏冰)
15:00-15:20 質疑応答

15:35-16:05 「時空互動-江南与蘇北的労働力循環(1800-1950)」(馬俊亜・南京大学)
16:05-16:35 「江浙地域社会と末端行政機構の編成」(飯塚靖・下関市立大学)
16:35-17:05 コメント(久保亨・信州大学、梁敬明)
17:05-17:25 質疑応答

17:25-17:45 閉幕の挨拶(陳謙平、高田幸男)

18:00-20:00 懇親会

※日本側発表者は日本語で、中国側発表者(招聘)は中国語で発表を行います。質疑応答等には通訳がつく予定です。
※参加登録は不要です。ご自由にご来場ください。
[PR]

by micoffice | 2009-12-08 14:09 | 研究会動向

<< 中国ムスリム研究会 第18回定...    「第19回近現代東北アジア地域... >>