◆研究会のお知らせ◆
 
 このたび、中央大学政策文化総合研究所プロジェクト「中央ユーラシアと日本:研究動向と現地状況」(代表者:梅村坦教授)と中国ムスリム研究会の共催にて、ジョージタウン大学博士候補生のKelly Hammondさんをお迎えして公開研究会を開催することとなりました。中国のムスリムと日本に関わる興味深いテーマですので、ふるってご参加くだされば幸いです。  

         【記】

日時:2010年7月29日(木) 午後3時~5時

場所:中央大学駿河台記念館 500号室 

アクセス:JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車       
      東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅下車
      東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車
地図:http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html

発表者:Kelly Hammond(Ph.D. candidate, Georgetown University)

発表題目:The conundrum of collaboration: Japanese involvement with Muslims in China during the Sino-Japanese War        

※ご発表は英語ですが、フルペーパーもしくは詳しいレジュメが配布される予定です。

連絡先:新免康(中央大学文学部)

※本研究会は公開ですので、ご自由にご参加ください。

 以上
[PR]

by micoffice | 2010-07-17 16:04 | 研究会動向

<< 「7月23日中国現代史研究会例...    「日本における中東・イスラーム... >>