第24回中央ユーラシア研究会特別セッション
 「中央アジアにおけるイスラーム実践の社会・文化的持続と変化:人類学的アプローチ」開催のお知らせ 

 このたび、イスラーム地域研究プロジェクトによる中央ユーラシア研究会の第24回を下記の通り開催することになりました。皆様ご多忙とは存じますが、ふるってご出席くださいますようご案内申しあげます。
 
 第24回中央ユーラシア研究会 特別セッション
 「中央アジアにおけるイスラーム実践の社会・文化的持続と変化:人類学的アプローチ」(CESS第11回年次大会パネル国内報告会)

開催日時:2010年9月26日(日) 13:00-18:00

会場:東京大学本郷キャンパス法文1号館2階217番教室

報告者・報告題:
 藤本透子(国立民族学博物館)
  「カザフスタン北部におけるイスラーム・祖先・土地――死者供養の再活性化をめぐって――」
 菊田悠(北海道大学)
  「ウズベキスタンにおけるイスラーム守護聖者崇敬の持続と変容――ポスト・ソヴィエト時代のフェルガナ州の事例から――」
 今堀恵美(東京外国語大学)
  「ポスト社会主義後ウズベキスタンにおけるハラール食品の展開」
 吉田世津子(四国学院大学)
  「モスクの両義性――クルグズスタン(キルギス)北部農村から見たイスラーム復興と社会秩序――」

 なお、研究会の終了後、懇親会を予定しております。お時間のある方はご参加いただければ幸いです。

*会場は以下のURLをご参照ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-09-01 01:14 | 研究会動向

<< 「ドゥンガン人に関する国際集会...    「中国現代史研究会例会」のご案内 >>