◆国際シンポジウム「20世紀初、中国周縁エスニシティの覚醒に関する比較研究--メディア、移動、政策--」のご案内◆

日時 2014年12月20日 (土)
場所 早稲田大学国際会議場 第三会議室

13:00~13:10 松本ますみ(室蘭工業大学) 挨拶、趣旨説明
13:10~13:50 基調講演 Ma Haiyun馬海雲 (Frostburg State University, US)”The Middle East and the Middle Kingdom: the decline of the Ottoman Empire and its impact on Chinese Muslims in the early 20th century”
13:50~14:05 コメンテイター:鈴木規夫(愛知大学)
14:05~14:20 質疑応答

14:20~14:35 休憩

14:35~   パネルディスカッション(司会 松本ますみ)
14:35~14:55 山崎典子(東京大学・院)「清く食べ、真に生きる――近代中国におけるハラール問題と「回漢」関係」
14:55~15:15 楊海英(静岡大学)「モンゴル騎馬兵に関する日本語の軍歌」
15:15~15:35 ハスチムガ(宇都宮大学・院)「内モンゴルにおける善隣協会の衛生・医療活動に関する一考察」
15:35~15:55 権寧俊(新潟県立大学)「20世紀初の中国東北地方における朝鮮人社会と新興武官学校」
15:55~16:15 吉開将人(北海道大学)「「羈縻」政策と20世紀中国:第二野戦軍「関於少数民族工作指示草案」から見た西南民族エリート問題」

16:15~16:30 休憩

16:30~16:50 パネルディスカッション コメンテイター:新保敦子(早稲田大学)
16:50~17:30 全体討論 (司会 松本ますみ) 
17:30~17:40 総括  澤井充生 (首都大学東京)
17:40~17:50 終わりの挨拶 松本 ますみ


(日本語・中国語 同時通訳つき)


この国際シンポジウムは、日本学術振興会 基盤研究(B)「1920年代から1930年代中国周縁エスニシティの民族覚醒と教育に関する比較研究」研究課題番号:24320143  研究代表者 (室蘭工業大学 松本ますみ) の助成を受けて行われます。
後援:早稲田大学アジア研究機構 現代中国研究所
[PR]

by MICOffice | 2014-11-17 03:32 | 研究会動向

<< 国際フォーラム「1920年代~...    研究会「日本軍占領期の回教工作... >>