研究会のご案内です。

***************

2008年度第1回華僑華人研究会

日時:
 2008年7月19日(土) 13:30~

会場:
 東洋大学白山キャンパス5B11教室(大学院棟)

発表者とタイトルまたはプログラム:
司会:
 山本須美子(東洋大学社会学部)
発表者:
 津田浩司(日本学術振興会特別研究員PD)
  「再華人化」の再検討―ポスト・スハルト期インドネシア地方都市における中国語ブームを手がかりに」
コメンテーター:
 北村由美(京都大学東南アジア研究所)

発表者:
 松村智雄(東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程)
  「スハルト後のインドネシアにおける、華人社会にとっての儒教、国家にとっての儒教―華人の権利回復過程は国家の枠組みをどう変えたか」
コメンテーター:
 貞好康志会員(神戸大学国際文化学部)

備考:
 研究会終了後、近くで懇親会を予定しておりますので、どうぞご参加ください。
 事前連絡なしの参加も自由です。

問い合わせ先:
 山本須美子
 E-mail: yamamoto-s@toyonet.toyo.ac.jp

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-06-04 14:16 | 研究会動向

<< 公開セミナー「シルクロードのひ...    「宗教実践者による映像実践① ... >>