中央大学で開催される公開講演会のご案内です。

*****
 このたび、中央大学の「中央ユーラシア総合研究」プロジェクトと日本沙漠学会との共催で、中央大学政策文化総合研究所公開講演会「中央ユーラシア研究の展望:自然科学と人文・社会科学の融合をめざして」を開催することになりました。ご関心のある方のご参加をお待ちしております。

 中央大学総合政策学部 梅村坦
----------------------------------------------------------

 中央大学政策文化総合研究所公開講演会
 「中央ユーラシア研究の展望:自然科学と人文・社会科学の融合をめざして」

共催:
 「中央ユーラシア総合研究」プロジェクト
 日本沙漠学会夏季シンポジウム

日時:
 2008年7月24日(木)14:00~18:00

場所:
 中央大学駿河台記念館310号室
   東京都千代田区神田駿河台3-11-5
   電話:03-3292-3111
   (JR御茶ノ水駅下車徒歩3分、地下鉄千代田線新お茶ノ水駅下車B1出口徒歩3分)
    http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html

プログラム

開会の挨拶:
 梅村 坦(中央大学総合政策学部)(総合司会)

講演
 講演1:
  真木太一(琉球大学農学部)
  「中央ユーラシアにおける自然・社会科学研究の接点について」
 
 講演2:
  石山 隆(千葉大学環境リモートセンシング研究センター)
  「タリム盆地周辺の近年の土地被覆変動とその人間活動」
 
 講演3:
  相馬秀廣(奈良女子大学文学部)
  「高解像度衛星画像から探る、時代を異にする灌漑水路・耕地遺跡――タリム盆地および周辺地域を例として――」
 
 講演4:
  清水 由里子(中央大学政策文化総合研究所)
  「近代ウイグル知識人の著作に見る「祖国」意識――東トルキスタンと新疆――」(仮題)
 
 講演5:
  新免 康(中央大学文学部)
  「新疆におけるイスラーム聖者廟(マザール)と聖者伝説――チルテンの事例を中心に――」

閉会の挨拶:真木 太一


案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-02 11:20 | 研究会動向

<< 新刊案内    「中東イスラーム教育セミナー(... >>