◆研究会「『麗都カシュガル』再考」のお知らせ◆ 

 このたび、中央大学人文科学研究所(研究会チーム「イスラーム地域における聖地巡礼・参詣」(主査:新免康))では、科研費プロジェクト「中国新疆ウイグル自治区におけるイスラーム聖地に関する基礎的研究」(研究代表者:菅原純(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員)および中央大学政策文化総合研究所・プロジェクト「中央ユーラシアと日本:研究動向と現地状況」(代表者:梅村坦)との共催で、研究会「『麗都カシュガル』再考: 歴史的視点から見た聖地と信仰」を開催することにな りました。 
 周知の通りカシュガル(中国新疆ウイグル自治区喀什市)は、古来東西交渉の要衝として、中央ユーラシア地域の政治、文化、経済のひとつの拠点として栄えた都市であり、今年5月には中国西部地区でははじめて「経済特区」設置の方針が決定されるなど、今後の中央ユーラシア世界の動向を眺める上でも無視できぬ重要性を有している地域であると考えられます。 
 本研究会では、NIHUイスラーム地域研究の京都国際会議で来日されるフランスの研究者お二方をお招きし、日本ならびにフランスの研究者4名をスピーカーとして、歴史的なカシュガルの具体相について、主にイスラーム聖地、宗教施設と都市住民の信仰に焦点を当てつつ、もっか当地で進行中の都市空間の変貌も視野に入れながら、新たな検討を試みたいと思います。 公開の研究会ですので、年の瀬のお忙しいところ恐縮ですが、ご関心のある方は奮ってご参加いただければ幸いです。 (事前のお申し込み等は必要ありません)   ※なお、会議使用言語は英語ならびに一部日本語ですが、逐次通訳は基本的にありませんのでご了承ください。英語発表には、フルペーパーもしくはレジュメが配布されます。   
-----------------------

              【記】

  International Colloquium: Rethinking “Magnificent Kashgar”:Belief and Sacred Sites from Historical Perspective

■日時:2010年12月21日(火) 13:30~18:00

■会場:中央大学駿河台記念館 310号室

■アクセス:JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車 徒歩3分      
       東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅下車 徒歩6分      
       東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B1出口) 徒歩3分      
       都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B5出口) 徒歩5分      
       http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html

■プログラム:  
 Chair: HAMADA Masami (濱田正美)(龍谷大学)
       
 SANADA Yasushi (真田安)(立教大学兼任講師)  Rethinking Bazar and Mazar in Kashghar

 SUGAWARA Jun (菅原純)(東京外国語大学AA研共同研究員) A mazar document from Kashgar: On the lost Islamic mausoleum namely Hazrat-i Khwaja Ishaq Wali of Sarman
 Thierry ZARCONE(CNRS, France)  Material History of Sacredness in Old Kashgar:   About a Lost Khanaqa in the Id-Gah District
 Alexandre PAPAS(CNRS, France)  Toward a Religious History of Kashgaria: The Question of the 'lieux de memoire' in Kashgar  

※研究会終了後、懇親会を予定しております。
■お問い合わせ先  
 ・菅原純 E-mail: sugawara*uighur.jp 
 ・新免康 E-mail: shinmen*tamacc.chuo-u.ac.jp(送信の際には、*の所に半角アットマークを入れてください)  

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-12-03 10:32 | 研究会動向

国際ワークショップ「現代中国における儒教復興――フィールドからの調査報告」
日時:2010年12月3日(金)-4日(土)
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム3と4

Program
Date: December 3, 2010
Place: Collaboration Room 3, 4th Floor, Building 18, University of Tokyo, Komaba

10:00–10:30
Opening Remark: 小林康夫 (KOBAYASHI Yasuo, 東京大学・UTCP)
Introductory Speech: Sebastian BILLIOUD (Université Paris 7 Diderot)
Research Member Introduction

10:30–11:30 Session 1
Moderator: Sébastian Billioud (Université Paris 7 Diderot)
干春松(GAN Chunsong, 中国人民大学) 儒家与中国当代价值观
陈壁生(CHEN Bisheng, 中国人民大学) 潮汕民间的儒教复兴―以潮阳萧氏祠堂“四序堂”为例

11:40–12:40 Session 2
Moderator: 王守常(WANG Shouchang, 中国文化書院)
石井剛(ISHII Tsuyoshi, 東京大学・UTCP) Today’s Confucianism and Cultural Diversity in Northeastern China(文化多样性中的当代儒家:以中国东北地区为例)
水口拓寿(MINAKUCHI Takuju, 東京大学) 吉林省長春文廟與其祭孔活動的「復興」

13:40–14:40 Session 3
Moderator: 干春松(GAN Chunsong,中国人民大学)
王見川(WANG Chien-Chuan, 南台科学大学) 當代中國西南地區儒教活動―以雲南洱源為考察中心的田野報告
鍾雲鶯(CHUNG Yun-Ying, 元智大学) 信念與信仰―儒教在雲南發展的現況考察

14:50–15:50 Session 4
Moderator: 中島隆博(NAKAJIMA Takahiro, 東京大学・UTCP)
Joël THORAVAL (EHESS) On ‘Minjian’ Confucian Initiatives in Education and Religion: A Brief Report from the Field in Shanxi Province
Sébastian BILLIOUD (Université Paris 7 Diderot) 教育的角色在一贯道的救世使命中(The role of education in Yiguandao’s salvationist mission)

16:10–17:10 Session 5
Moderator: Joël Thoraval (EHESS)
Anna SUN (Institute for Advanced Study, Kenyon College) Contemporary Confucius Temple Life: The Revival of Personal Rites in Confucius Temples in China
Guillaume DUTOURNIER (Collège de France) Family Schools in China and Taiwan: three perspectives on a traditionalist education

17:20–18:00 General Discussion

Date: December 4, 2010
Place: Collaboration Room 4, 4th Floor, Building 18, University of Tokyo, Komaba

10:00–12:00 Concluding Session

Languages: English and Chinese
No registration required, Admission free
Sponsored by UTCP and the French Center for Research on Contemporary China, Hong Kong, in the framework of the international research program Forms and Meanings of Confucian Piety Today supported by the Chiang Ching-kuo Foundation
http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2010/12/international_workshop_confuci/
[PR]

by micoffice | 2010-12-01 15:04 | 研究会動向

NIHU現代中国地域研究拠点連携プログラム・第4回国際シンポジウム開催のご案内
テーマ:「台頭する」中国と共存する Coexistence with a “Rising” China

日時:2011年1月29日(土) 9:30-18:00

場所:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール

主催:人間文化研究機構(NIHU)現代中国地域研究拠点連携プログラム
共催:慶應義塾大学東アジア研究所・現代中国研究センター
使用言語:日本語、中国語、英語(同時通訳)

プログラム:
9:00 受付開始

9:30 開会挨拶 平野健一郎(早稲田大学・東京大学名誉教授)

9:50 第1セッション
「中国はいかに成長を遂げたか?--中国的発展モデルを問う」
司会者:久保亨(信州大学・東洋文庫)
報告者:丁学良(香港科技大学)“The Chinese Model: Origins and Core Components”
薛進軍(名古屋大学)「中国の所得格差 ―高度成長の原動力か障害か」
堀井伸浩(九州大学)「エネルギー・環境ボトルネックへの対処:市場活用型の成功、国家介入型への回帰をどう評価するか」
討論者:丸川知雄(東京大学)、岩井茂樹(京都大学)

12:00 休憩

13:00 第2セッション
「中国はいかなる変貌を遂げるか?--政治体制移行の可能性を問う」
司会者:天児慧(早稲田大学)
報告者:Kjeld Erik BRODSGAARD(Copenhagen Business School )“Politics and Business Group Interests in China-Is the Party Still in Control? ”
王長江(中国共産党中央党校、予定)
小嶋華津子(筑波大学)「中国の党国体制と労働者―吸収(cooptation)とコーポラティズム (corporatism)の現状(仮)」
討論者:唐亮(早稲田大学)、高橋伸夫(慶應義塾大学)

15:10 休憩

15:30 第3セッション
「『台頭する』中国といかに共存するか?」
司会者:神保謙(慶應義塾大学)
報告者:Robert ROSS (Boston College)“Rise of China and the Development of a Stable Security Order”
王勇(北京大学)「中国崛起与全球治理:国際政治経済学的観点」
添谷芳秀(慶應義塾大学)「日米同盟と中国-『自由で開かれた国際秩序』の行方」
討論者: 任暁(復旦大学)、高木誠一郎(青山学院大学)

17:40 閉会の挨拶 山田辰雄(慶應義塾大学名誉教授)
[PR]

by micoffice | 2010-12-01 15:02 | 研究会動向

張承志氏講演のご案内

講師:張承志(作家・歴史学者)

日時:11 月9 日(火)16:30 ~ 18:00

場所:明治学院大学 白金キャンパス アートホール

司会:四方田犬彦(芸術学科教授)

 参加費無料、予約不要。どなたでもご参加いただけます。

お問い合せ先:明治学院大学 言語文化研究所 Tel 03-5421-5213

 張承志氏は中国の回族の出身で、1966 年、高校生の時に中国文化大革命の発端となった「紅衛兵」という言葉を考案しました。その後、回族史の研究家となり日本に留学。作家として多くの著書や卓抜な日本論を刊行しています。今回は、中国の言語と文化の多様性について講演します。日本語の著書に『紅衛兵の時代』(岩波新書)、『殉教の中国イスラム』『モンゴル大草原遊牧誌』『黒駿馬』などがある。

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-10-12 10:34 | 研究会動向

第39回SGRAフォーラム「ポスト社会主義時代における宗教の復興」

 下記の通り第39回SGRAフォーラムを開催します。参加ご希望の方は、お名前・ご所属・緊急連絡先をSGRA事務局< sgra.office09@aisf.or.jp >宛ご連絡ください。当日参加も受付けますが、準備の都合上、できるだけ事前にお知らせくださいますようお願いします。SGRAフォーラムはどなたにも参加いただけますので、ご関心をお持ちの皆様にご宣伝いただきますようお願い申し上げます。

日時:2010年10月16日(土) 午後2時30分~5時30分 その後懇親会
会場:東京国際フォーラム ガラス棟G510会議室
参加費:フォーラムは無料、懇親会は2000円(学生・SGRA会員1000円)

プログラム
発表1:エリック・シッケタンツ(東京大学COE特任研究員、SGRA研究員)
(背景説明と問題提起)「社会主義の宗教政策とポスト社会主義の世界」
発表2:井上まどか(清泉女子大学キリスト教文化研究所客員研究員)
「ロシア連邦および中東欧におけるキリスト教の復興」
発表3:ティムール・ダダバエフ(筑波大学人文社会科学研究科准教授)
「中央アジアにおけるイスラームの復活」
発表4:ミラ・ゾンターク(立教大学文学部キリスト教学科准教授、SGRA研究員)
「中国のキリスト教:土着化の諸段階とキリスト教の社会的機能」
パネルディスカッション
司会進行:島薗 進(東京大学文学部宗教学科教授、SGRA顧問)
パネリスト:陳 継東(武蔵野大学人間関係学部准教授)、上記発表者

詳細は下記よりダウンロードしていただけます。
http://www.aisf.or.jp/sgra/schedule/SGRAForum39Program.pdf

申込み・問合せはSGRA事務局へ
・電話:03-3943-7612
・ファックス:03-3943-1512
・Email:sgra.office09@aisf.or.jp

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-10-09 10:59 | 研究会動向

東洋文庫現代中国研究資料室主催・中国現代史研究会共催
史料研究会「若手研究者による現地調査・史料調査報告」

10月29日(金) 於明治大学駿河台校舎研究棟4階第2会議室
18:00~21:00(参加登録不要・自由来場)

◎報告者及び報告テーマ
河野正(東京大学大学院博士課程、日本学術振興会)
「華北農村社会における史料とフィールドワークについて(仮)」

土肥歩(東京大学大学院博士課程)
「華南におけるキリスト教関係の史料について(仮)」

三橋陽介(筑波大学大学院博士課程、日本学術振興会)
「台湾・江西における法制史関係資料の紹介と利用方法について(仮)」

久保亨(信州大学)
「補足報告・50年代の史料講読を主とする若手

案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-10-09 10:44 | 研究会動向

早稲田大学イスラーム地域研究機構 共催
早稲田大学アジア研究機構 後援

 早稲田大学重点領域研究「アジアにおけるムスリム・マイノリティと非ムスリム・マジョリティの共生に関する国際比較研究」

 アジア・ムスリム研究所設立記念国際ワークショップ
 Muslim Minorities in East Asia: A Comparative Study of Japan, South Korea and Taiwan 東アジアのムスリム・マイノリティ――日本・韓国・台湾の比較研究――

【日時】2010 年10 月22 日(金) 14:00~17:30

【場所】早稲田大学早稲田キャンパス6 号館3階301教室

【使用言語】英語  
 参加費無料(予約不要)

【パネリスト】
 李熙秀Lee, Hee-soo (College of Languages and Cultures, Hanyang University, Ansan, Korea) “The Symbiosis of Muslims and Non-Muslims in Korea: Focused on the Case of Anthropological Survey in Itaewon District”
 張中復Chang, Chung-Fu (Department of Ethnology, National Chengchi University, Taipei, Taiwan) “The Dilemma of Ethnic Identity in Contemporary Muslim Taiwanese: On the Case of “Blasphemous Incident” in 2005”
 小島宏 Kojima, Hiroshi (Faculty of Social Sciences, Waseda University) “A Comparative Analysis of Determinants of Religiosity among Muslim Immigrants in Japan and Europe”

※終了後18:00より早稲田大学大隈会館(楠亭)にて懇親会を予定しております。ご参加いただける方は事前に下記事務局までお知らせいただきますようお願いいたします。

【問い合わせ先】
 早稲田大学アジア・ムスリム研究所(野田・砂井)
 〒162-0041 新宿区早稲田鶴巻町513 早稲田大学 120-4号館3階
           イスラーム地域研究機構気付 アジア・ムスリム研究所事務局
 Tel・Fax:03-5286-1749(共同研究室)
 E-mail:asian-muslim@islam.waseda.ac.jp

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-09-29 16:05 | 研究会動向

 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、
 下記の通り、今年度も中東☆イスラーム研究セミナーを開催いたします。
 このセミナーは、博士論文等の執筆を予定されている全国の大学院生・PD等の若手研究者を対象としたものです。若手研究者の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

           記

1. 開催期間
 平成22年12月15日(水)~18日(土)の4日間

2. プログラム
 受講者がそれぞれ1時間程度の研究発表を行い、研究会形式で関係教員および他の受講者から質問・コメントを受けることで、博士論文等の執筆に資する。

3. 開催場所
 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (東京都府中市朝日町3-11-1)

4. 応募資格
 イスラームもしくは中東に関連する人文・社会科学研究(地域研究・歴史学・人類学・政治学・経済学・社会学・国際関係論・移民研究など)を進めている大学院博士後期課程の大学院生・PDまたはこれに相当する研究歴を持つ者で、学術論文、特に博士論文の執筆計画を持つ者。

5. 募集人員
 5~10名。
 なお、募集人員内で大学院生、PD、その他の区分は行わない。

6. 受講料
 無料。
 なお、首都圏以外からの参加者には本学規定の範囲内で旅費・宿泊費を支給する。

7. 応募締切
 平成22年10月8日(金)(当日消印有効)
 なお、応募方法の詳細については、以下のサイトをご覧ください。 
 http://www.aa.tufs.ac.jp/fsc/meis/kenkyu_s.html
 過去、5年間の受講生の感想も掲載されています。

8. 担当スタッフ
 宮崎恒二、西井凉子、飯塚正人、黒木英充、高松洋一、近藤信彰、床呂郁哉、錦田愛子、吉村貴之、大川真由子

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-09-10 20:47 | 研究会動向

 ドゥンガン人に関する国際集会

 中央アジア・ドゥンガン人の代表的な学者を科研費によりお招きして,次のように集会を催します。 
 関心のおありの方のご参加を希望いたします。
 また関心のありそうな方にこのメールを転送してくださるようお願い申し上げます。

 菅野裕臣(東京外国語大学名誉教授)
 菅原 睦(東京外国語大学准教授)

日時:2010年(平成22年)10月16日(土)午後

場所:東京外国語大学 研究講義棟 2階218講義室(東京都府中市朝日町3-11-1)   
    *大学へのアクセスとキャンパスの位置は次のサイトを参照してください.   
    *http://www.tufs.ac.jp/access/ http://www.tufs.ac.jp/campusmap.html 会議(使用

言語:日本語及びロシア語 通訳付)

開会(菅野裕臣) 午後1時
 Имазов Мухаме Хусезовичイマーゾフ・ムハメ・フセーゾヴィチ(クルグズ共和国民族科学アカデミー・ドゥンガン学・中国学センター長) «Дунгановедение в Кыргызстане» 「クルグズスタンのドゥンガン研究」«Язык и литература центральноазиатских дунган».「中央アジア・ドゥンガン人の言語と文学」
 Юсупов Рашид Умаровичユスーポフ・ラシド・ウマーロヴィチ(ビシュケク人文大学世界経済講座長,雑誌『ドゥンガン人』編集長,ドゥンガン文化・教育社会財団議長)«Хозяйственная и торгово-предпринимательская деятельность дунган Центральной Азии: история и современность»「中央アジア・ドゥンガン人の経済=商業・企業活動:歴史と現在」«Среднеазиатские дунгане вчера и сегодня. Общие сведения о дунганской диаспоре»「中央アジア・ドゥンガン人の過去と現在.ドゥンガン・ディアスポラのデータ」
 Джон Али Алиевичジョン・アリ・アリイェヴィチ(クルグズ共和国民族科学アカデミー・ドゥンガン学・中国学センター上級研究員)«Этнографические сведения о дунганах СНГ»「独立国家共同体のドゥンガン人に関する民族学的データ」
 Совуров Мане Давуровичソヴーロフ・マネ・ダヴーロヴィチ(ウズベキスタン・ドゥンガン人文化センター議長)«Этнографические очерки дунган Узбекистана»「ウズベキスタン・ドゥンガン人の民族学的概況」
 劉勲寧(明海大学)Лю Сюньнин / Liu Xunning «Презентация о дунганском языке» 「ドゥンガン語に関するPresentation」 
 池田寿美子(金沢市)Икэда Сумико «Язык и общественная жизнь дунган вУзбекистане»「ウズベキスタンにおける言語とドゥンガン人の社会生活」

閉会(菅原睦)

懇親会 午後6時 東京外国語大学 大学会館 特別食堂 会費: 8,000円

 参加希望者は次のものに記入してどちらかにメールしてください。
 菅野裕臣:hkanno@cba.att.ne.jp
 菅原睦:mutsumisug@hotmail.com

 氏名:
 所属:
 住所:
 メール・アドレス:
 専攻:
 参加(参加するものに印をつけてください):  会議  懇親会  

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-09-04 23:58 | 研究会動向

 第24回中央ユーラシア研究会特別セッション
 「中央アジアにおけるイスラーム実践の社会・文化的持続と変化:人類学的アプローチ」開催のお知らせ 

 このたび、イスラーム地域研究プロジェクトによる中央ユーラシア研究会の第24回を下記の通り開催することになりました。皆様ご多忙とは存じますが、ふるってご出席くださいますようご案内申しあげます。
 
 第24回中央ユーラシア研究会 特別セッション
 「中央アジアにおけるイスラーム実践の社会・文化的持続と変化:人類学的アプローチ」(CESS第11回年次大会パネル国内報告会)

開催日時:2010年9月26日(日) 13:00-18:00

会場:東京大学本郷キャンパス法文1号館2階217番教室

報告者・報告題:
 藤本透子(国立民族学博物館)
  「カザフスタン北部におけるイスラーム・祖先・土地――死者供養の再活性化をめぐって――」
 菊田悠(北海道大学)
  「ウズベキスタンにおけるイスラーム守護聖者崇敬の持続と変容――ポスト・ソヴィエト時代のフェルガナ州の事例から――」
 今堀恵美(東京外国語大学)
  「ポスト社会主義後ウズベキスタンにおけるハラール食品の展開」
 吉田世津子(四国学院大学)
  「モスクの両義性――クルグズスタン(キルギス)北部農村から見たイスラーム復興と社会秩序――」

 なお、研究会の終了後、懇親会を予定しております。お時間のある方はご参加いただければ幸いです。

*会場は以下のURLをご参照ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2010-09-01 01:14 | 研究会動向