新刊案内です。

書名:
 Under the Heel of the Dragon: Islam, Racism, Crime, and the Uighur in China.

著者:
 Blaine Kaltman.

出版社:
 Ohio University Press.

出版年:
 2007年.

 【補足】
 著者は社会学でPh Dを取得したようです。

 Blaine Kaltman, who is fluent in Mandarin Chinese and spent five years in China, holds an MS in criminal justice from the University of Tennessee and a PhD in sociology from the University of Queensland.

 以上
[PR]

by micoffice | 2008-07-23 11:31 | 新刊案内


拝啓
ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、2008年7月19日(土)中国ムスリム研究会第15回定例会を開催することとなりました。今回の定例会では、田中周さん(早稲田大学・院)と矢久保さん(慶應義塾大学・院)に日頃の研究成果をご報告いただきます。お忙しいとはお察しいたしますが、ふるってご参加くださいますよう何卒よろしくお願い致します。
 なお、準備作業の関係上、ご参加いただける方々の人数を事前に確認する必要がございます。大変恐縮でございますが、参加ご希望の方は7月10日(木)までに当事務局のメールアドレス

  MuslimsInChina@hotmail.com
  *メール送信の際は「@」を半角入力してください。

にご連絡ください。また、その際に懇親会への出欠に関しましてもお書き添えいただけましたら幸いに存じます。
 何卒よろしくお願い致します。
                                          敬具

2008年6月10日(火)
中国ムスリム研究会事務局
幹事:
 澤井充生(首都大学東京・助教)
 田中 周(早稲田大学大学院博士課程)

            【記】

日時:2008年7月19日(土)13:30~17:30

場所:早稲田大学 早稲田キャンパス3号館地下10演習室
   *キャンパス・マップ
   **http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

事務連絡:
13:30~13:45 新事務局のご挨拶

研究発表:
13:45~14:30 発表1
発表者:
 田中 周(早稲田大学大学院博士課程)
テーマ:
 「中華人民共和国における国家・国民統合と民族政策――1950年代新疆ウイグル自治区成立過程から考える」(仮題)

14:30~15:15 質疑応答

15:15~15:30 休憩

15:30~16:15 発表2
発表者:
 矢久保典良(慶應義塾大学大学院博士課程)
テーマ:
 「重慶国民政府期の中国ムスリム団体――『中国回教救国協会会刊』を手がかりに」(仮題)

16:15~17:00 質疑応答

懇親会:
 定例会終了後、会場近くで懇親会を開く予定です。

お願い:
 会場での録音・録画・写真撮影はご遠慮ください。
 
 その他、ご不明な点につきましては、中国ムスリム研究会事務局までお問合わせください。
 

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-19 12:02 | 定例会


 大阪大学「民族紛争の背景に関する地政学的研究」プロジェクトと共催で京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)ユニット2「中道派」研究会を7月27日(日)に下記要領で行います。
 ユニット2の今年度第一回研究会はトルコを専門になさっている伊藤さんと幸加木さんに発表をお願いいたしました。また8月19日に予定されているユニット2国際ワークショップの打ち合わせ、およびデータベース構築に向けての説明も行う予定です。みなさまふるってご参加ください。

         記

日時:
 7月27日(日)13:00~17:00

場所:
 大阪大学箕面キャンパス(旧大阪外国語大学)総合研究棟6階プレゼンテーションルーム 
  http://www.osaka-u.ac.jp/jp/accessmap.html(箕面キャンパスまでの道のり)   http://www.osaka-u.ac.jp/jp/annai/about/map/minoh.html(キャンパスマップ)

13:00-14:30
発表①:
 伊藤寛了
  「トルコ共和国初期におけるイスラーム復興――ネジップ・ファーズル・クサキュレッキを中心に――」

14:30-16:00
発表②:
 幸加木文
  「トルコの「イスラーム運動」の志向性と「世俗主義」観――ギュレン運動を中心に――」

16:00-17:00
 国際ワークショップ打ち合わせおよびWeb上データベース入力の説明

*********************************************
京大イスラーム地域研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属
イスラーム地域研究センター事務局
kyotoias@asafas.kyoto-u.ac.jp
TEL:075-753-9640
FAX:075-753-9641
*********************************************

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-17 17:13 | 研究会動向


 「中東社会史班」研究会のお知らせ

 NIHUプログラム・イスラーム地域研究・東大拠点グループ2「中東社会史班」は、以下の要領で研究会を開催致します。
 イスラーム地域研究において文学があまりとり上げられていない状況に一石を投じつつ、"被りもの"に焦点を当てます。暑さ厳しい折ですが、どなたでも参加を大歓迎しますので、どうか奮ってご参集下さい。

日時:
 2008年 7月26日(土) 14:00~17:30

場所:
 東京大学本郷キャンバス・法文1号館2階216号室
 (正門から入ると、直進して右手二つ目の建物です)

プログラム:
研究発表
 (1)福田義昭(大阪大学)
    「ターバンかタルブーシュ(トルコ帽)か、それが問題だ─近代エジプトにおける男性の被りもの―」
 
 (2)木村伸子(早稲田大学大学院)
    「象徴の赤いザント帽 ―衣服から見たマムルーク朝社会―」

コメント:
 後藤絵美 (日本学術振興会特別研究員)

以上

 なお、参加される方は、事前にiaschuto@l.u-tokyo.ac.jpまでご一報いただけると助かります。

連絡先:
 イスラーム地域研究、東大拠点グループ2事務局
E-mail:
 iaschuto@l.u-tokyo.ac.jp
住所:
 〒113-0033 文京区本郷7-3-1 東京大学文学部アネックス イスラーム地域研究事務室、グループ2

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-15 10:30 | 研究会動向

 当ワークショップは、中央ユーラシアのイスラーム聖者廟(マザール)をめぐる諸表象を対象として、最新の研究成果の報告と討議を通じて当該研究テーマに関する情報および問題意識の共有をはかることを目的にしています。
 トヨタ財団の資助のもと、8月26日から4日間の日程で中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆大学・学術交流センターで開催されます。会議の使用言語は英語ですが、ウイグル語、ウズベク語、漢語での報告もおこなわれます。
 さる1月に国内外の複数のMLにおいて開催アナウンスを配信いたしましたが、おかげさまで上々の反響があり、中国、日本はじめ9カ国23名の報告者が一堂に会することとなりました。イスラーム聖者廟という比較的コンパクトなトピックについて、対象地域としては中央アジアから甘粛・寧夏まで、ディシプリンとしては歴史学、人類学、民俗学、言語学、社会学など、これほど多様な研究が勢ぞろいする機会はそれほど多くはあるまいと思われます。たまたま調査などで中国にいらっしゃる方、またはこのテーマに関心をお持ちの方はどうぞ(いささか遠方ではございますが)足をお運びください。
 なお、当ワークショップの参加は事前登録をお願いしています。一般参加ご希望の方は7月末日までにわたくし菅原までご連絡ください。参加費は外国人は300元を予定しており、配布資料代、レセプション参加費、最終日のトルファン盆地への聖者廟ツアー代金、そして会場での茶菓ならびに果物等を含みます。

 参加お問い合わせ: 
  菅原 純(sugawara@uighur.jp)

 以上です。よろしくご検討ください。

 菅原 純(青山学院大学非常勤講師、国際ワークショップ「シルクロードのマザール文化研究」オーガナイザー)
 E-mail: sugawara@uighur.jp

*****

 International Workshop
Studies on Mazar Cultures of Silk Road
( M A Z A R 2 0 0 8 )

August 26-29, 2008
Academic Exchange Center(Honghu Hotel),
Xinjiang University

Supported by
The Toyota Foundation (Japan )
Center for Anthropology and Folklore, Xinjiang University

Organizers
Arslan ABDULLA(Xinjiang University)
Rahile DAWUT(Xinjiang University)
SUGAWARA Jun(Tokyo University of Foreign Studies)

*****

PROGRAMME

First Day (August 26)
Registration: Lobby, Honghu Hotel (19:00-20:00)
Reception: 2nd Floor Reception Room, Honghu Hotel (20:00-22:00)

Second Day (August 27 )
At Conference Room, 5th floor, Honghu Hotel

OPENING CEREMONY
11:00-12:00(Beijing Time)
Welcome address:
President of Xinjiang University
Arslan Abdulla (Organizer, Directer of The School of Huimanity Studies, Xinjiang University)

Keynote:
SUGAWARA Jun (Organizer, Tokyo University of Foreign Studies, Japan)

SESSION 1 THE VOICE OF TAZKIRAS

12:00-14:30 (Beijing Time)
SAWADA Minoru(University of Toyama, Japan)
"Genealogy of Makhdūm-i A‘zam and Cultural Tradition of Mazārs"

SUGAHARA Mutsumi(Tokyo University of Foreign Studies, Japan)
"Tazkira-yi Awliya in the Uyghur script"

Omerjan NURI(Khotän Ma’arip Instituti, China)
"Imam Musa Kazim we Qolyazmadiki tezkiresi"(in Uyghur)

Abliz ORXUN (Xinjiang Täzkirä Komiteti, China)
"Muhemmed Sidiq Zeliliy we uning namliq esiri"(in Uyghur)

=====D i s c u s s i o n=====

Lunch Break 14:30-16:00(Beijing Time)

SESSION 2 MAZARS IN PRESENT DAY CENTRAL EURASIA

16:00-20:30(Beijing Time)

Hakan GÜNES (Istanbul University, Turkey)
"Central Asian Islam versus Radical Islam: Role of Ziyara and Mazar Rituals in rebuilding the Local Islamic Identities in Post-Soviet Central Asia"

Aitzhan Sh.NURMANOVA(Institute of Oriental Studies, Kazakhstan)
"Ziyarah to the holy places (mazars) in present day Kazakhstan: Revival and innovation processes"

Patrick HÄLLZON(Stockholm University, Sweden)
"Shrine Pilgrimage in the Footsteps of Swedish Explorers"

====== Tea Break (20 min.)======

WANG Ping (Minority Research Institute of National and Religion Committee, XUAR, China)
“Ziyara and Hui Sufi "Gongbei" on the Silkroad”(in Chinese)

WANG Jianxin(Sun Yat-sen University, China)
"The Saint Mausoleums of Lingmingtang"

Ablimit YASIN (Xinjiang University, China)
“Mazars of Imamlirim in Hotan and relationship with the Shi’i”(in Chinese)

=====D i s c u s s i o n=====

Third Day (August 28 )

SESSION 3 MAZAR DOCUMENTS STUDIES

10:00-12:30(Beijing Time)

ZHANG Shicai (Xinjiang University, China)
“Mazar Economy and Uyghur Society in Qing Dynasty”(in Chinese)

Nodirjon U. ABDULAHATOV (Fargona viloyat madaniy meros boshqarmasi, Uzbekistan)
"Fargona vodiysi mozorlari hujjatlarini organinilishi" (in Uzbek)

Alisher Q. TOSHQULOV (Farg'ona viloyat «Ma'naviyat» gazetasi, Uzbekistan)
"Hakim Termiziy avlodlari mozori hujjatlari" (in Uzbek)

SUGAWARA Jun (Tokyo University of Foreign Studies, JAPAN)
"Opal, a Sacred Site on Karakolam Highway - A Historical Approach by the Description of Mazar Documents-"

=====D i s c u s s i o n=====

====== Tea Break (20 min.)======

SPECIAL SESSION
12:50--13:30(Beijing Time)
Invited Lecture by Mr. MA Pinyan(Xinjiang Academy of Social Sciences)on his reminiscences of mazar studies in Xinjiang (in Chinese, with English handout )

Lunch Break 13:30-15:00(Beijing Time)

SESSION 4 MAZARS IN HISTORY
15:00-17:30(Beijing Time)

Devin A. DEWEESE(Indiana University, USA)
"The Tale of Jānbāz Khwāja: Pilgrimage and Holy War in a 19th-CenturyTazkira from Xinjiang"

Alexandre PAPAS(CNRS, France)
"A Sufi Travelogue as a Source for the History of Mazars in the Tarim Basin"

SHINMEN Yasushi (Chuo University, Japan)
"Mazars in Xinjiang from Strangers’ View"

Ashirbek K. MUMINOV(Institute of Oriental studies, Kazakhstan)
"Significance of Holy Place and Holy Family in the History of the KhoqandKhanate in the XIX Century"

Uktambek A. SULTANOV (Institute of Oriental Studies, Uzbekistan)“19asr Tashkent ziyaratgakhlari tarikhiga dair mukhim manba.” (in Uzbek)

=====D i s c u s s i o n=====

====== Tea Break (20 min.)======

SESSION 5 FUNCTIONS AND ELEMENTS OF MAZAR CULTURES
17:30-20:00(Beijing Time)

Rahile DAWUT (Xinjiang University, China)
“Artistic Expression of Muslim Devotional life of Uyghurs—Case study on Mazars in Xinjiang”

Gulbahar GHOJESH(Beijing Normal University, China)
“A Research on Kyrgyz Bahshi and Mazar”(in Chinese)

ZHOU Xijuan(Willamette University, USA)
"Transition and Transformation: Healing rituals and Mazar worship"

Terrance Anthony HAYES(Griffith University, Australia)
"Tugh and Tulum: a preliminary ethnohistory of Uyghur Muslim ex-votos"

=====D i s c u s s i o n=====
CLOSING CEREMONY
20:00-20:30(Beijing Time)
Closing address Rahile DAWUT(Organizer)

Fourth Day (August 29)

One Day Excursion to Toyoq Khojam Mazar in Pichan County, Turpan District

 
 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-11 13:50 | 研究会動向


 「スーフィー・聖者研究会」第1回研究会のご案内

 「スーフィー・聖者研究会」では7月30日に上智大学で今年度第1回目の研究会を開催いたします。今回は、一般に「サラフィー主義」に代表されるイスラーム改革思想・運動について飯塚・横田両氏に概観していただき、その上でスーフィズムとの関係について考えてゆきたいと思います。奮ってご参加ください。                 

          記

日時:
 2008年7月30日(水)13:00~17:00

場所: 
 上智大学四谷キャンパス第2号館6階2-630a(アジア文化共用会議室)   
 (JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線/四ッ谷駅)  
 *第2号館: 正門を入って左手にある新しいビルです。 
 *会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。     http://www.sophia.ac.jp/J/sogo.nsf/Content/access_yotsuya   http://www.sophia.ac.jp/J/sogo.nsf/Content/campusmap_yotsuya

発表者:
 飯塚正人氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  「「イスラーム主義」「サラフィー主義」の意味するもの―自称なのか分析概念か」

 横田貴之氏(日本国際問題研究所)
  「エジプト・ムスリム同胞団とスーフィズム」

 会場準備の都合上、ご参加いただける方は、下記の事務局までご連絡頂けると幸いです。

------------------------------------------------------
上智大学アジア文化研究所イスラーム地域研究拠点
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
TEL&FAX: 03-3238-4447
E-mail: iasiac@sophia.ac.jp
http://www.info.sophia.ac.jp/SIAS/
-----------------------------------------------------

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-05 14:24 | 研究会動向

 今年7月に出版されたばかりの新刊です。
 久しぶりのイスラーム地域研究の指南書のようです。
 中国ムスリム研究会の会員の方も執筆者のなかにいらっしゃいます。

書名:
 『イスラーム世界研究マニュアル』。

著者:
 小杉 泰・林佳世子・東長 靖(編)。

出版社:
 名古屋大学出版会。

出版年:
 2008年。

 以上
[PR]

by micoffice | 2008-07-03 20:15 | 新刊案内

 中央大学で開催される公開講演会のご案内です。

*****
 このたび、中央大学の「中央ユーラシア総合研究」プロジェクトと日本沙漠学会との共催で、中央大学政策文化総合研究所公開講演会「中央ユーラシア研究の展望:自然科学と人文・社会科学の融合をめざして」を開催することになりました。ご関心のある方のご参加をお待ちしております。

 中央大学総合政策学部 梅村坦
----------------------------------------------------------

 中央大学政策文化総合研究所公開講演会
 「中央ユーラシア研究の展望:自然科学と人文・社会科学の融合をめざして」

共催:
 「中央ユーラシア総合研究」プロジェクト
 日本沙漠学会夏季シンポジウム

日時:
 2008年7月24日(木)14:00~18:00

場所:
 中央大学駿河台記念館310号室
   東京都千代田区神田駿河台3-11-5
   電話:03-3292-3111
   (JR御茶ノ水駅下車徒歩3分、地下鉄千代田線新お茶ノ水駅下車B1出口徒歩3分)
    http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html

プログラム

開会の挨拶:
 梅村 坦(中央大学総合政策学部)(総合司会)

講演
 講演1:
  真木太一(琉球大学農学部)
  「中央ユーラシアにおける自然・社会科学研究の接点について」
 
 講演2:
  石山 隆(千葉大学環境リモートセンシング研究センター)
  「タリム盆地周辺の近年の土地被覆変動とその人間活動」
 
 講演3:
  相馬秀廣(奈良女子大学文学部)
  「高解像度衛星画像から探る、時代を異にする灌漑水路・耕地遺跡――タリム盆地および周辺地域を例として――」
 
 講演4:
  清水 由里子(中央大学政策文化総合研究所)
  「近代ウイグル知識人の著作に見る「祖国」意識――東トルキスタンと新疆――」(仮題)
 
 講演5:
  新免 康(中央大学文学部)
  「新疆におけるイスラーム聖者廟(マザール)と聖者伝説――チルテンの事例を中心に――」

閉会の挨拶:真木 太一


案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-02 11:20 | 研究会動向

 中国ムスリム研究会
 会員のみなさま

 いつもお世話になっております。
 東京外大AA研で開催されるセミナーの案内です。
 おもに「若手」を対象としているようです。
 ご関心のある方はぜひご応募くださいませ。

*****

 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「中東イスラーム研究教育プロジェクト」主催の中東・イスラーム教育セミナー(平成20年9月16日~19日)は、先日受講募集を締め切らせていただきました。多数のご応募ありがとうございました。
 なお、まだ定員に若干の余裕がありますので、追加募集を行います。

応募締切:
 平成20年7月22日(火)必着
 *持参の場合は7月22日(火)15.00まで受付

 本セミナーは、主に修士課程の大学院生等を対象としたもので、講師による講義と受講生希望者による発表から構成されています。
 今年度の講師には以下の方々を予定しています(敬称略)。
 
 長澤栄治(東京大学)、吉村慎太郎(広島大学)、山根聡(大阪大学)、飯塚正人(AA研)、西井凉子(AA研)、高松洋一(AA研)

 所属機関やディシプリンを越えた交流の場ともなっております。
 中東およびイスラームに興味のある若い方々のご応募をお待ちしております。
 リピーターも歓迎です。

 応募要領等詳細は、本プロジェクトWebサイトをご覧ください。
 http://www.aa.tufs.ac.jp/fsc/meis/

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2008-07-01 17:19 | 研究会動向