国立民族学博物館の機関研究による国際ワークショップ「東アジアの村落社会が見た「近代」―地域の有力者層への着目から―」の案内をお送りさせていただきます。みなさまどうぞふるってご参加ください。

 東アジアの村落社会が見た「近代」―地域の有力者層への着目から―

【趣旨】
 東アジアの「近代」が他地域と異なった特徴をもっていたことについては、人類学の内外で多くの言及がなされてきた。例えば、東アジアの諸社会は「近代」以前に中国の影響を多分に受け、それぞれに集権的な統治システムを有したが、列強からの外圧を契機として、社会システムの抜本的刷新を「近代化」として急速に実現しようとしてきた。また、こうしたマクロな「近代」とともに、生活レベルでのミクロな「近代」にも研究のメスは入れられ、東アジア的な「近代」の洗い出しが行われてきた。
 しかし、これまでの研究には取り残しもあったのではないだろうか。その一つが、東アジアの「近代化」の過程では地域の有力者が重要な役割を果し、続く時代においてもそうした人々の存在は国家と末端社会の双方にとって大きな意味をもってきたということである。そして、こうした人びとこそが、マクロとミクロの「近代」の媒介者だったのではないだろうか。
 本国際ワークショップでは、地域の有力者層へと着目と、「権力・秩序」「性役割」「知識・技術」といった切り口から、東アジアにとって「近代」とはいかなるものであったのかを再考する。

【日時】2009年3月22日(日) 11:00~18:00

【会場】国立民族学博物館 第4セミナー室

【プログラム】
司会  川村清志(札幌大学)
11:00 御挨拶 松園万亀雄(国立民族学博物館)
    開会辞 太田心平(国立民族学博物館)
11:15 発表  川口幸大(国立民族学博物館)
    「近代化のなかの在郷有力者の交代――郷紳の没落、土豪の台頭」
12:00 発表  周 建新(中国イ南師範学院)
    「社会転換期における江西萍郷の地方エリートと近代化――文延式の事例より」
12:45 コメント 上田 信(立教大学)
14:00 発表  太田心平(国立民族学博物館)
    「女性化した男性たち――ソウル近郊の士族女性たちが見た近代の村落秩序とエリート像」
14:45 発表  安 勝澤(韓国・全北大学)
    「解放前後の韓国農村における「自家農業」の倫理学
     ――協働から単身労働への離脱を可能にした共同体原理と新しい労働エリート」
15:45 発表  張 基善(東北大学大学院)
    「明治期の戸籍制と医師」
16:30 コメント 岡田浩樹(神戸大学大学院)、佐々木史郎(国立民族学博物館)
17:15  質疑応答 総合討論
     閉会辞 川口幸大(国立民族学博物館)
18:00  懇親会

※参加費無料 事前登録不要

お問い合わせ先
TEL :  06-6876-2151 (太田心平研究室)
FAX :  06-6878-8335 (太田心平研究室)

案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2009-03-19 15:49 | 研究会動向

 大阪大学「中国文化コロキアム」は、現代中国研究に関心をもつ大学院生・若手研究者の視野の拡張、研究報告に関するスキルの向上、次世代研究者相互のネットワーキングをめざしています。今回のコロキアムは大阪大学中国文化フォーラム・論文公募の一環として開催します。

日程:2009年3月23日(月)

場所:大阪大学豊中キャンパス 待兼山会館(会議室)

時間:10:20~18:20

報告時間20分、討論20分

タイムテーブル
10:20-11:00
石川朝子(大阪大学人間科学研究科博士後期課程)
「日本華僑第三世代のエスニック・アイデンティティ形成要因:教育経験に着目して(仮)」
11:00-11:40
金晶(大阪大学言語社会研究科博士後期課程)
「初探《金屋月刊》中的現代派文学色彩」
11:40-12:20
坂井田夕起子(大阪教育大学非常勤講師)
「50年代の中国「人民外交」と日中仏教者たちの交流」
13:20-14:00
櫻田涼子(筑波大学人文社会科学研究科)
「場所をつくる、「家」を生きる:マレーシア華人の低価格住宅団地の事例から」
14:00-14:40
島田美和(大阪大学非常勤講師)
「顧頡剛の「疆域」概念」
14:40-15:20
根岸智代(大阪大学言語社会研究科博士後期課程)
「第6回IPR大会(ヨセミテ会議)と中国代表団」
15:30-16:10
前田輝人(大阪大学法学研究科博士後期課程)
「上海日本人社会の「地域リーダー」たち(1936-1945):金風社『上海在留邦人人名録』データを読み解く」
16:10-16:50
若松大祐(東京大学総合文化研究科博士課程)
「自由民主主義陣営に民主化が必要か?:戒厳令下台湾における歴年の公式見解から」
17:00-17:40
小都晶子(大阪大学非常勤講師)
「「満洲国」の「土地改良事業」:「錦州省」盤山県を事例として(仮)」
17:40-18:20
思沁夫(大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教)
「四川地震後の復興過程に見る2008年の中国」

案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2009-03-18 18:14 | 研究会動向

関東地区研究懇談会 博士論文・修士論文発表会

日時: 2009年3月21日(土) 12;25~17;40

会場: 立教大学新座キャンパス 3号館4階 N341、342、344、345教室 (N343教室=受付、休憩室、発表者控室、パワーポイント使用の予行)

プログラム: (修)修士論文発表:30分(質疑応答を含む) (博)博士論文発表:50分(質疑応答を含む)

N341教室
12:25~12:55 発表無し
13:00~13:30 久渡亜希子(埼玉大学)(修) 「先古典期マヤ南部地域における社会複雑化プロセス」
13:35~14:05 深江裕美(お茶の水女子大学)(修) 「在日クルド人[『難民』―国境をまたぐ家族の民族誌」
14:10~14:40 Golovina Ksenia(東京大学)(修) 「1990年代以降のロシア極東から日本への女性移民―彼女たちを取り巻く歴史・社会経済・ジェンダー状況の変化からの考察」
14:45~15:15 若井尚(成城大学)(修) 「位相概念を用いた他者アイデンティティ解釈の試み―あるマレーシア華人女性のライフ・ヒストリーから」
15:20~15:50 内藤理佳(放送大学)(修) 「中国返還後のマカエンセ(Macaenses)のエスニシティの変容―マカオ在住のマカエンセ16名の聞き取り調査から」
15:55~16:45 海野るみ(お茶の水女子大学)(博) 「歴史を営む―南アフリカ・グリクワの人びとの〈うたうこと〉をめぐる民族誌」
16:50~17:40 嶺崎寛子(お茶の水女子大学)(博) 「現代エジプト社会におけるジェンダーと法秩序―女性によるファトワーの利用をめぐって」

N342教室
12:25~12:55 飛内悠子(上智大学)(修) 「ハルツーム在住国内避難民の生活誌―聖公会の活動から見るククの人々のことば」
13:00~13:30 久保美智子(上智大学)(修) 「ナショナル・キュイジーヌとしての『インドネシア料理』」
13:35~14:05 桑原安須美(上智大学)(修) 「現代グアテマラの魚利用とその変容―海から山へと運ばれる塩干魚の履歴分析を中心に」
14:10~14:40 大石侑香(首都大学東京)(修) 「毛皮生産のポリティカル・エコノミー―社会主義計画経済下のシベリア少数民族とその生業システムの変遷」
14:45~15:15 中澤孝洋(一橋大学)(修) 「ご成約の条件―新卒採用における言説分析」
15:20~15:50 吉田幸枝 (放送大学)(修) 「創作物語絵本の比較研究―1980年以降の絵本から」
15:55~16:45 田所聖志(首都大学東京)(博) 「移動のつくる地域社会空間―パプアニューギニア,テワーダにおける親族関係・移住・儀礼的実践」
16:50~17:40 馬場淳 (首都大学東京)(博) 「『結婚』と扶養の民族誌―パプアニューギニア・マヌス島クルティ社会におけるカストムとジェンダー」

N344教室
12:25~12:55 北原卓也(早稲田大学)(修) 「海外進出する企業と文化の問題―在トンガ王国の日系企業を事例として」
13:00~13:30 河合文(千葉大学)(修) 「集団における知識共有のメカニズム研究―八重山の牛飼いの知識を事例として」
13:35~14:05 水野友美子(一橋大学)(修) 「誘惑する芸術作品―特殊愛玩用人形・ラブドールの事例から」
14:10~14:40 権赫麟(立教大学)(修) 「ポピュラーカルチャーの観光対象化に関する考察」
14:45~15:15 岩原紘伊(東京大学)(修) 「世界遺産の人類学的研究―インドネシア、カンボジア、フィリピンの事例から」
15:20~15:50  ZAYAR WIN(立教大学)(修) 「インダー族の自己認識と民族表象における観光の役割」
15:55~16:45 宮坂清(慶応義塾大学)(博) 「病いの構築に関する医療人類学的考察―北インド、ラダック地方における巫者を事例として」
16:50~17:40 木村周平(東京大学)(博) 「社会の災害的編成―トルコ、イスタンブルにおける、地震災害をめぐる知識・政策および社会関係についての人類学的研究」

N345教室
12:25~12:55 近藤牧子(早稲田大学)(修) 「マルチカルチュラル・オーストラリア―多文化社会を生きるオーストラリア人の市民意識」
13:00~13:30 西堀由里子(東京外国語大学)(修) 「国際NGOと現地カウンターパートの相互関係―ミャンマーにおける医療援助と僧侶を事例として」
13:35~14:05 小川絵美子(首都大学東京)(修) 「儀礼空間としての大学―タイの大学におけるイニシエーション儀礼を事例として」
14:10~14:40 森田久美子(一橋大学)(修) 「儀礼を作り上げる女性たち―韓国祖先祭祀のフィールドワークから」
14:45~15:15 深海菊絵(一橋大学)(修) 「人類学的恋愛研究の可能性―米国におけるポリアモリーを事例として」
15:20~15:50 坂本祐輔(早稲田大学)(修) 「アメリカ合衆国における禅の受容と変容―テクストからみるZenの拡散」
15:55~16:45 津田浩司(東京大学)(博) 「体制転換期インドネシアにおける『華人性』の諸相」
16:50~17:40 鶴見英成(東京大学)(博) 「ペルー北部、ヘケテペケ川中流域アマカス平原における先史アンデス文明形成期の社会過程」

備考:
 参加費:無料
 
 懇親会:18:20頃~20:20頃、東武東上線「志木駅」近くの居酒屋等で懇親会を開く予定です。

 問い合わせ先: 
  葛野浩昭(くずのひろあき)
  〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26 立教大学観光学部交流文化学科
  E-mail: kuzuno@mail.hinocatv.ne.jp

案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2009-03-06 17:52 | 学会動向


近畿地区研究懇談会 修士論文発表会

日時: 2008年3月28日(土) 10:30~18:30

会場: 国立民族学博物館 第4セミナー室

プログラム:
10:30~11:00 泉直亮(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科) 「よい繁殖メス牛とは何か―北上山地北部における短角牛農家の実践と品種改良政策との対比を事例として」
11:05~11:35 藤井真一(大阪大学大学院人間科学研究科) 「平和をめぐる『伝統』と『近代』の相克
11:40~12:10 澤野美智子(ソウル大学人類学科) 「時間構成の伝統と近代―全羅北道淳昌郡虎渓里の事例」
昼食12:10~13:30
13:30~14:00 下條尚志(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科) 「サイゴン政権による領域国家形成―ベトナム中部高原における土地支配と山地民」
14:05~14:35 石坂周二(神戸大学大学院総合人間科学研究科) 「インドネシアにおける大学生の恋愛と性をめぐる葛藤―イスラーム復興時代を生きるエリートたち」
14:40~15:10 川勝吉晃(京都文教大学大学院人間学部文化人類学研究科) 「空間と語りの変遷―都市伝説から見た社会の在り方の変化」
15:15~15:45 権允義(大阪大学大学院人間科学研究科) 「グリーン・ツーリズムをめぐるホストとゲストの意味の競合―高知県D集落の事例を中心に」
休憩15:45~16:00
16:00~16:30 飯田玲子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科) 「インド・マハーラーシュトラ州におけるタマーシャー劇の現代的変容―民俗芸能から公共文化へ」
16:35~17:05 木原弘恵(関西学院大学大学院社会学研究科) 「地域生活と文化の継承をめぐる実践―岡山県笠岡市白石島の白石踊を支えるシステムを事例として」
17:10~17:40 高田佳奈(神戸大学大学院総合人間科学研究科) 「『プリミティヴ・アート』再考―美術史と人類学の文脈において」
17:45~18:15 武田龍樹(京都大学大学院人間・環境学研究科) 「俗人篤信家の仏教実践と社会関係―カンボジア東部村落部を事例に』

備考:
 18:30より懇親会を開催いたします。

問い合わせ先:
 岸上伸啓(国立民族学博物館)
  TEL: 06-6878-8255
  E-mail: inuit@idc.minpaku.ac.jp
 川口幸大(国立民族学博物館)
  TEL: 06-6878-8284
  E-mail: yukihirokawaguchi@hotmail.com

案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2009-03-06 17:49 | 学会動向