拝啓 ますますご健勝のこととお喜び申しあげます。
 さて、2009年12月13日(日)に中国ムスリム研究会第18回定例会を開催することとなりました。今回は、Jomo Smithさん(University of California, San Diego)、小嶋祐輔さん(慶應義塾大学)、白井千彰さん(和光保育園)に日頃の研究成果をご報告いただきます。お忙しいとは存じますが、多数のご参加を心待ちにしております。
 ところで、今回の定例会は学習院大学東洋文化研究所との共催となり、同研究所のご好意により、「旧東亜経済調査局所蔵回教関連資料」を閲覧させていただけることになりました。こちらの貴重な資料につきましては休憩時間の時にご閲覧ください。
 なお、準備作業の関係上、参加人数を事前に確認する必要がございます。大変恐縮ではございますが、参加ご希望の方は12月4日(金)までに当事務局のメールアドレス

  MuslimsInChina*hotmail.com
    *メール送信の際は「*」を「@」に変換してください。
  
にご連絡ください。
 また、その際、懇親会への出欠に関しましてもお書き添えいただけましたら幸いに存じます。
 何卒よろしくお願い致します。            敬具

2009年10月17日(土)
中国ムスリム研究会事務局
2009年度幹事:
 澤井充生(首都大学東京・助教)
 田中 周(早稲田大学大学院博士課程)
E-mail: MuslimsInChina*hotmail.com (「*」を「@」にかえてください。)
Blog:http://micoffice.exblog.jp/

        【記】

日時:2009年12月13日(日)12:30~18:00

会場:学習院大学目白キャンパス北1号館3階308教室
   *アクセスマップ(http://www.gakushuin.ac.jp/univ/etc/access.html)
   *注意事項(入館の際は東側の室内螺旋階段を必ず使用してください)

共催:学習院大学東洋文化研究所「学習院大学東アジア学ナリッジセンタープロジェクト」近現代北東アジア資料セクション

研究発表:
12:30~12:40 事務局挨拶

12:40~13:25 発表1
発表者:
 Jomo Smith(University of California, San Diego, Ph.D. Student)
テーマ:
 「Contending for the Faith: Imperialists, Insults, and the Broadening of Hui Identity in Republican China」
   *通訳:松本ますみ(敬和学園大学)

13:25~14:10 質疑応答

14:10~14:40 休憩(同館4階の東洋文化研究所会議室において「旧東亜経済調査局所蔵回教関連資料」を展示、閲覧自由)

14:40~15:25 発表2
発表者:
 小嶋祐輔(慶應義塾大学非常勤講師)
テーマ:
 「ウルムチの<翻訳者>たちから見るエスニック・バウンダリ」

15:25~16:10 質疑応答

16:10~16:20 休憩

16:20~17:05 発表3
発表者:
 白井千彰(和光保育園)
テーマ:
 「マレーシアのクチンとトレンガヌの鄭和廟を訪れて」

17:05~17:50 質疑応答

懇親会:定例会終了後、会場近くで懇親会を開く予定です。

 その他、ご不明な点につきましては、中国ムスリム研究会事務局までお問合わせください。

 以上
[PR]

by micoffice | 2009-12-13 12:13 | 定例会

 国際シンポジウム「江南地域史研究と新史料」

日時:12月19日(土) 9:30~17:45
会場:明治大学駿河台キャンパス リバティータワー1093教室

9:30-9:40 挨拶・趣旨説明(高田幸男・明治大学)

Ⅰ オーラルヒストリーと歴史研究(司会:戸部健・静岡大学)
9:40-10:10 「江南科研の概略・成果・課題(仮)」(高田幸男)
10:10-10:30 高田報告に対するコメント(陳謙平・南京大学)
10:30-10:45 質疑応答

Ⅱ 地域史研究と新史料(司会:戸部健)
11:00-11:20 「新資料的発掘与浙江区域史研究」(梁敬明・浙江大学)
11:20-11:40 「蘇州新史料的発掘与運用」(夏冰・蘇州市政治協商会議)
11:40-12:00 「王清穆『農隠廬日記』の紹介」(小野寺史郎・京都大学、小浜正子・日本大学)
12:00-12:20 質疑応答

Ⅲ 地域史研究の新地平(司会:中村元哉・南山大学)
13:30-14:00 「民初地方教育行政再編と教育独立論(仮)」(小川唯・明海大学)
14:00-14:30 「評国民政府的“官辦”県政様板:“蘭渓実験県”」(方新徳・浙江大学)
14:30-15:00 コメント(金子肇・下関市立大学、夏冰)
15:00-15:20 質疑応答

15:35-16:05 「時空互動-江南与蘇北的労働力循環(1800-1950)」(馬俊亜・南京大学)
16:05-16:35 「江浙地域社会と末端行政機構の編成」(飯塚靖・下関市立大学)
16:35-17:05 コメント(久保亨・信州大学、梁敬明)
17:05-17:25 質疑応答

17:25-17:45 閉幕の挨拶(陳謙平、高田幸男)

18:00-20:00 懇親会

※日本側発表者は日本語で、中国側発表者(招聘)は中国語で発表を行います。質疑応答等には通訳がつく予定です。
※参加登録は不要です。ご自由にご来場ください。
[PR]

by micoffice | 2009-12-08 14:09 | 研究会動向

第19回近現代東北アジア地域史研究会大会プログラム

日時 2009年12月5日(土) 10:00~18:00 (受付開始 9:30~)

場所 成城大学3号館1階311教室
*会員以外も参加自由ですが、資料代として1000円頂いております。

プログラム

【午前の部】

1. 開会の辞

2.個別報告(10:00~11:50)

(1)エルドンバヤル氏:(神戸大学大学院国際文化学研究科博士後期課程)
「蒙古青年革命党による独立宣言と憲法草案の由来」

(2)高本康子氏(群馬大学工学部国際教育・研究センター講師)
「阿嘉呼図克図来日報道に見る明治日本のチベット像」

昼食

【午後の部】(13:00~18:00)

1.総会(事務局「会務報告」)(13:00~13:20)

2.個別報告

(3)森田光博氏:(東京都世田谷区立富士中学校教諭)
「『満洲国』の対ヨーロッパ外交」

(4)白井順氏:(関西大学CSAC非常勤研究員)
「三木栄と前間恭作―京城書物同好会の人々―」

(5)塩崎弘明氏:(長崎純心大学教授)
「両大戦間における教皇庁の対日・中外交政策-中国側の反応を中心に―」

(6)西村成雄:(放送大学教授)
「20世紀中国東北地域史研究の射程距離:1969年から2009年への40年」

3.「閉会の辞」

4.懇親会
[時間]18:30~20:30(大会終了後)
[会場]成城大学7号館地下学生ラウンジ
[会費]一般;5,000円、院生・学生;3,000円(予定)

【会場交通アクセス】
小田急線成城学園前駅より徒歩3分

【問い合わせ先】
広川佐保(新潟大)
hiros★human.niigata-u.ac.jp (★を@に置き換えてください)

 以上
[PR]

by micoffice | 2009-12-03 10:49 | 研究会動向

 東洋文庫拠点国際シンポジウム

 江南地域史研究と新史料

日 時: 2009年12月19日(土) 9:30-17:45

場 所: 明治大学駿河台キャンパス リバティータワー1093教室【地図】

共 催: 東洋文庫現代中国研究資料室、科学研究費補助金基盤研究B「近現代中国江南の総合的研究」

プログラム:

9:30-9:40 挨拶・趣旨説明(高田幸男・明治大学)

Ⅰ オーラルヒストリーと歴史研究(司会:戸部健・静岡大学)
9:40-10:10 「江南科研の概略・成果・課題(仮)」(高田幸男)
10:10-10:30 高田報告に対するコメント(陳謙平・南京大学)
10:30-10:45 質疑応答
10:45-11:00 コーヒーブレイク

Ⅱ 地域史研究と新史料(司会:戸部健)
11:00-11:20 「新資料的発掘与浙江区域史研究」(梁敬明・浙江大学)
11:20-11:40 「蘇州市民公社研究中的幾個問題」(夏冰・蘇州市政治協商会議)
11:40-12:00 「王清穆『農隠廬日記』の紹介」(小野寺史郎・京都大学、小浜正子・日本大学)
12:00-12:20 質疑応答
12:20-13:30 昼食

Ⅲ 地域史研究の新地平(司会:中村元哉・南山大学)
13:30-14:00 「民初地方教育行政再編と教育独立論(仮)」(小川唯・明海大学)
14:00-14:30 「評国民政府的“官辦”県政様板:“蘭渓実験県”」(方新徳・浙江大学)
14:30-15:00 コメント(金子肇・下関市立大学、夏冰)
15:00-15:20 質疑応答
15:20-15:35 コーヒーブレイク
15:35-16:05 「時空互動-江南与蘇北的労働力循環(1800-1950)」(馬俊亜・南京大学)
16:05-16:35 「江南農村社会と末端行政機構の編成(仮)」(飯塚靖・下関市立大学)
16:35-17:05 コメント(久保亨・信州大学、梁敬明)
17:05-17:25 質疑応答
17:25-17:45 閉幕の挨拶(陳謙平、高田幸男)
18:00-20:00 懇親会

※日本側発表者は日本語で、中国側発表者(招聘)は中国語で発表を行います。質疑応答等には通訳がつく予定です。
※参加登録は不要です。ご自由にご来場ください。」

 詳しくは、財団法人 東洋文庫ホームページをご覧ください

 以上
[PR]

by micoffice | 2009-12-03 10:44 | 研究会動向