研究会「現代ロシアのイスラーム」のお知らせ

この度東京外国語大学AA研中東イスラーム研究教育プロジェクト(MEIS)は、現代ロシア領北コーカサスのイスラーム問題を専門とされる韓国外国語大学の玄承洙(ヒョン・スンス)氏を招聘し、2010年1月27日に研究会を開催いたします。
学期末の平日というお忙しい時期かとは思いますが、ロシア・イスラームのみならず現代イスラーム政治運動にご関心のある方の積極的なご参加をお待ち申し上げております。

日時: 2010年1月27日(水)午後1時〜

会場: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)3階マルチメディア会議室(304)

題目: 「最近の北カフカース情勢とイスラーム過激派」(仮題)(使用言語:日本語)

コメンテーター: 北川誠一氏(東北大学)

公開講演会形式

問い合わせ先 : AA研中東イスラーム研究教育プロジェクト
e-mail: meis@aa.tufs.ac.jp

 以上
[PR]

by micoffice | 2010-01-22 11:17 | 研究会動向

NIHU現代中国地域研究・拠点連携プログラム
第3回国際シンポジウム「環境問題:中国の未来可能性」

日時: 2010年1月30日(土)― 31日(日)
場所: 京都大学百周年時計台記念館(百周年記念ホール)【地図】
主催: 人間文化研究機構・現代中国地域研究拠点連携プログラム
共催: 京都大学人文科学研究所、総合地球環境学研究所
言語: 日本語、英語、中国語(日英中同時通訳あり)
問合せ先: 総合地球環境学研究所 中国環境問題研究拠点
E-mail : rihn-china*chikyu.ac.jp(*は@にかえご使用ください)

趣旨:
 改革開放以来、中国は25年以上にわたって平均10%近い経済成長を続けている。それは、環境問題とひき換えに実現されてきたといっても過言ではない。急激な経済成長は、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染といった公害問題とよばれた従来型の問題群のみならず、砂漠化問題、生態環境保護(自然保護)問題、さらには地球温暖化問題といった現在的な問題群とに同時に直面している。一方で1980年代以来の環境関連法の整備など、国家的な環境への取り組みは、一部では環境改善がすすむなど、実を結びつつあるようにも見える。とはいえ、環境問題が単に技術的な問題ではなく、社会そのものに起因していることを考えれば、中国の政治、経済、社会に関わるさまざまな問題と、その構造は同じである。
 本シンポジウムでは、中国の環境問題について、多様な研究分野を有する現代中国地域研究拠点の特徴を生かして、歴史、経済、政治・社会の3つの異なる側面からその現状を明らかにするとともに、中国環境問題の今後を見定める。

プログラム

1月30日(土)
司会:石川禎浩(京都大学)

13:30-14:00 開会挨拶 平野 健一郎(人間文化研究機構地域研究推進センター長)
立本 成文(総合地球環境学研究所所長)

14:00-15:00 基調講演 バーツラフ・スミル(カナダ・マニトバ大学)
China’s environment: domestic concerns, global impacts

15:20-17:50 第1セッション 中国環境問題の基底-過去と現在
司会者: 久保 亨(信州大学/東洋文庫)
報告者: 上田 信(立教大学)「封禁山史略-『商業の時代』から『産業の時代』
楊 偉兵(復旦大学)「社会史からみた西南中国の環境-近300年の土地利用を中心に」
中尾 正義(人間文化研究機構)「オアシス地域の歴史と環境」
討論者: 飯島 渉(青山学院大学)
佐藤 洋一郎(総合地球環境学研究所)

1月31日(日)

9:30-12:00 第2セッション  21世紀の中国経済と環境問題

司会者: 加島 潤(東京大学)
報告者: 王 京濱(大阪産業大学)「中国の重工業発展と環境・構造問題」
田島 俊雄(東京大学)「中国の農産物需給とバイオエタノール問題」
丸川 知雄(東京大学)「世界をリードする中国の太陽電池産業と日本の課題」
討論者: 塩地 洋(京都大学)
大西 広(京都大学)

12:00-13:00 昼食

13:00-15:30 第3セッション  環境問題の政治社会学

司会者: 唐 亮(早稲田大学)
報告者: 張 玉林(南京大学)「環境を巡る二次被害とその構造」
大塚 健司(アジア経済研究所)「中国の環境政策とローカル・ガバナンス ―地方主義、監督検査、環境民主―」
王 名(清華大学)・藍 煜昕(清華大学・院)「成熟への奮闘―気候変化に対する中国のNGOの対応」
討論者: 加茂 具樹(慶應義塾大学)
児玉 香菜子(千葉大学)

15:50-17:50 自由討論

司会者: 毛里 和子(早稲田大学)
討論者: バーツラフ・スミル(カナダ・マニトバ大学)
中尾 正義(人間文化研究機構)
田島 俊雄(東京大学)
王 名(清華大学))

以上
[PR]

by micoffice | 2010-01-22 11:12 | 研究会動向