早稲田大学アジア・ムスリム研究所では、2011年4月21日(木)、早稲田大学において第4回(2011年度第1回)アジア・ムスリム研究会を開催いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。
 今回は、中国国外の回民コミュニティに詳しい大阪大学大学院人間科学研究科の木村自氏をお招きして台湾のケースについてご報告いただきます。

               記

 第4回(2011年度第1回)アジア・ムスリム研究会

 日時: 2011年4月21日(木)14:00~16:00

 場所: 早稲田大学早稲田キャンパス120‐4号館104教室

 報告者: 木村自(大阪大学人間科学研究科・助教)

 題目: 「台湾から見た「回族」――台湾ムスリムのエスニシティ・コミュニティ・宗教」

 言語:日本語

 なお、当日は第43回イスラム人口研究懇談会が16時~17時30分に同じく早稲田大学早稲田キャンパス14号館10階1046号室にて開催されます(山崎典子氏による「日中戦争期の中国ムスリム社会における 『親日派』ムスリム―中国回教総連合会の唐易塵を中心に」)。ご関心のある方はどうぞあわせてご参加ください。
 連絡先:〒162-0041新宿区早稲田鶴巻町513 早稲田大学120-4号館3階
       イスラーム地域研究機構気付アジア・ムスリム研究所事務局
      Tel・Fax:03-5286-1749
      E-mail:asian-muslim@islam.waseda.ac.jp

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2011-04-07 19:38 | 研究会動向


 第43回イスラム人口研究懇談会のお知らせ

 来る4月21日(木)の午後に早稲田大学早稲田(本部)キャンパス14号館(地下鉄東西線「早稲田」駅下車または都バス「西早稲田」バス停下車)において下記の通り、第43回イスラム人口研究懇談会が開催される運びとなりました。東京大学大学院総合文化研究科の山﨑典子さんが、日本の「回教政策」に協力した「親日派」ムスリムの思考や行動、それに対する中国ムスリムの反応を検討することによって、日中戦争期の中国ムスリム社会の諸相を考察した結果を報告してくださいますので、是非ご参加ください。
 懇親会は手羽焼き以外がハラール料理という西新宿のウイグルレストランで開催します。 第13回から原則として報告者を1人とすることにしましたが、広い意味でムスリムの人口問題(社会開発、民族、家族、女性、労働、移民、都市化、環境、健康等)に関連していれば結構ですので、秋(9~10月)以降に報告をしていただける方はお知らせ下さい。修士論文・博士論文の中間報告、JICAプロジェクト等での経験談も歓迎します。経験談については複数制をとっておりますので、お知り合い等をお誘いの上、奮ってご応募ください。次回は6~7月にイランの農村都市に関する報告が予定されています。
 なお、研究会は参加自由ですが、懇親会場はカップルに人気があって木曜日は混雑が予想されるため、予約が必要ですので、懇親会に参加を希望される方は小島(kojima@waseda.jp)宛にメールで4月19日(火)の午後6時までにお知らせ下さい。前々回からイスラム人口研究懇談会の創立11年目に入りましたので、しばらく来られなかった方々にも参加していただければ幸いです。

 店田 廣文(早稲田大学)  小島 宏(早稲田大学)

****************
日時:2011年4月21日(木)午後4時~5時30分

場所:早稲田大学西早稲田キャンパス14号館10階1046号室  
 (地図は http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html)

プログラム:
 16:00-17:00 山﨑典子(東京大学大学院) 「日中戦争期の中国ムスリム社会における『親日派』ムスリム―中国回教総連合会の唐易塵を中心に」 
 17:00-17:10 自己紹介・休憩
 17:10-17:30 質疑応答
 19:00-     懇親会  
             西新宿 ウィグル料理「シルクロード・タリム」 
              ( http://oasis-tarim.com/foods/index.html )
****************

 案内文ここまで
[PR]

by micoffice | 2011-04-07 19:35 | 研究会動向