東アジア人類学研究会 第33回研究会

■日時:5月26日(土)
     13:00~14:00 東アジア公共人類学懇談会ワークショップ
     14: 00~18: 00 第33回東アジア人類学研究会

■場所:東京大学駒場キャンパス14号館4階407教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_13_j.html
(※休日は正面玄関の鍵が閉まっておりますので、テニスコート脇の階段をご利用ください)

■発表者・題目

◇東アジア公共人類学懇談会ワークショップ◇
 発表者:河合洋尚さん(国立民族学博物館) 
 題目:「趣旨説明・人類学のなかの異文化①」


◇第33回 東アジア人類学研究会◇
 テーマ「周辺に押し付けられる『暴力』施設とその爪痕」

 発表者1.中原聖乃さん(中京大学)
 題目:「放射能汚染への抵抗と分断:山口県上関原発とマーシャル諸島核実験被害」

 発表者2.上杉健志さん(McGill大学)
 題目:「『迷惑施設』『迷惑知識』?:ドンソン村のジレンマ」

 発表者3. 越智郁乃さん(京都大学GCOE研究員)
 題目:「沖縄の米軍返還地における開発とコミュニティ再編:入会地の開発事例から」

 コメンテイター:中野佳裕さん(国際基督教大学)
 総合討論

研究会後は近くのお店にて懇親会を開催します。こちらもふるってご参加ください。

連絡先 田中孝枝(tktanae@yahoo.co.jp)
幹事一同 宇田川飛鳥・小林宏至・田中孝枝
http://blog.livedoor.jp/touaken/
[PR]

by micoffice | 2012-05-23 15:14 | 研究会動向