中国ムスリム研究会
会員の皆様  

いつもお世話になっております。
2016年11月20日(日)に、中国ムスリム研究会2016年特別研究会として、「東アジアにおけるイスラーム問題の戦前戦後の連続性/非連続性」と題するミニワークショップを開催いたします。
本企画では、島田大輔氏(早稲田大学招聘研究員)と平山光将氏(前中央研究院近代史研究所博士後研究員)にご報告いただきます。島田報告では、大日本回教協会(1938年)と国際モスレム協会(1952年)を事例として、日本の回教政策の戦前戦後を再検討します。平山報告では、台北モスク(1960年)を舞台とした宗教外交を事例として、遷台した「中華民国」回民知識人の戦後の活動を検証します。
お忙しい時期とは存じますが、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

なお、会場及び準備の関係上、参加人数を事前に確認する必要がございます。
大変恐縮ではございますが、参加ご希望の方は11月13 日(日)までに当事務局のメールアドレス(MuslimsInChina*hotmail.com)へご連絡ください。
 *メール送信の際は「*」を「@」に変換してください。
その際、懇親会への出欠に関しましてもお書き添えいただけましたら幸いに存じます。
(研究会終了後、会場近くで懇親会を開く予定です)
お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

        【記】

【中国ムスリム研究会2016年特別研究会 】
ミニワークショップ「東アジアにおけるイスラーム問題の戦前戦後の連続性/非連続性」

日時:2016年11月20日(日)13:30~17:30
会場:東洋文庫二階講演室(東京都文京区本駒込2-28-21)

[プログラム]
13:30~13:35 趣旨説明
13:35~14:35 発表者:島田大輔氏(早稲田大学招聘研究員)
 テーマ:「大日本回教協会の二つの戦後―宮村三郎旧蔵史料を通じた新知見―」
14:35~15:35 発表者:平山光将氏(前中央研究院近代史研究所博士後研究員)
 テーマ:「台北モスクの沿革―台湾回民知識人の宗教外交を事例に―(仮題)」
 休憩
15:50~16:20 コメント:松本ますみ氏(室蘭工業大学教授)
16:20~17:30 両報告者リプライ、総合討論

その他、ご不明な点につきましては、中国ムスリム研究会事務局までお問合わせください。

中国ムスリム研究会事務局
[PR]

by MICOffice | 2016-10-21 21:19