中国ムスリム研究会
会員の皆様

平素より中国ムスリム研究会の活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
3月4日開催予定の中国ムスリム研究会15周年記念シンポジウム「日本における新疆・ウイグル研究の過去・現在・未来」につきまして、以下のとおりご案内申し上げます。
開催直前のご案内となり大変申し訳ございませんが、ご参加をご検討いただけましたら幸いに存じます。

            【記】

【中国ムスリム研究会15周年記念シンポジウムのご案内】


シンポジウム・タイトル「日本における新疆・ウイグル研究の過去・現在・未来」
日時:2017年3月4日(土)13:00~17:40
会場:東洋文庫2階講演室
共催:公益財団法人東洋文庫・中央アジア研究班②
「近現代中央ユーラシアにおけるイスラームと政治権力」
(代表者:小松久男)
共催:科研費基盤研究(B)・研究課題
「19~20世紀中央ユーラシアにおける越境と新疆ムスリム社会の文化変容に関する研究」
(代表者:新免康)
13:00 開会、司会の挨拶(矢久保典良)
13:10-13:50 梅村坦(中央大学)「中国回民文化地域の巡検報告」
13:50-14:30 小沼孝博(東北学院大学)「清の統治と新疆ムスリム社会―研究の傾向と課題」
14:30-14:40 質疑応答
14:40-14:55 休憩
14:55-15:35 菅原純(東京外国語大学)「現代ウイグル語の「学び」をめぐって-辞書、教本、学びの場」
15:35-16:15 新免康(中央大学)「日本における近現代新疆研究の動向:回顧と展望」
16:15-16:25 質疑応答
16:25-16:40 休憩
16:40-17:40 総合討論
17:40 閉会、司会の挨拶(海野典子)

その他、ご不明な点につきましては、中国ムスリム研究会事務局までお問い合わせください。

中国ムスリム研究会事務局


[PR]

by MICOffice | 2017-03-04 19:25